全国名物通販ナビHOME > 信越の名物土産 >富山県名物 富山県土産

富山は人間的に生きるのがうまい

富山の薬売りで有名ですね、用いることを先にし、利益は後からという置き薬の商法を考えた商いの土地でもあります。さらに北前船では、加賀から江戸時代から明治にかけて北海道からニシンや昆布を商売し、多くの富を得ました。そう考えると商売の土地柄なんだと思います。
さらに、越中は特に雪国であり、家は頑丈でなければなりません。
土地も広いことからかわかりませんが、多くの人がマイホームをもてるためか、自分の家を持って一人前という風潮があり、持ち家率が非常に高い。これも昔富を築く風習であった考え方が今でも続いており、貯蓄率や、子供の教育に熱心ということに繋がってるんだろうと思います。

私が行きたい富山のポイント


黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)
壮大なアルペンの景色を眺めながらの移動が楽しい。


魚津水族館
初代が大正2年(1913年)に創立され、現存する日本の水族館としては最も歴史が長く、
日本海に近いことから、淡水魚水槽などが豊富です。


白川郷・五箇山の合掌造り集落
豪雪の重みから屋根を守ったり、雪降ろし作業を軽減させるとともに
空洞からの通気性がよい。日本の雪国の伝統的建築方法。


富山お取り寄せピックアップ

私の富山に行く予定は

今後いきたいと思います。

inserted by FC2 system