全国名物通販ナビHOME > 近畿の名物土産 > 奈良県土産 > 奈良のご当地お寿司といえば?

奈良の五条の寿司

柿の葉寿司が昔から好きです。サバとサケなどの押し寿司で、葉の匂いがします。
ご飯も押し固められていて美味しいです。

昔父親の会社が奈良の五条市にありました。
父親は毎朝6時とかに家を出て車で1時間半から2時間かけて奈良県の山奥の工場まで働きに行っていたのですね。通勤途中には、柿の葉寿司で有名ななのたなかが五条市にあるため、たまにおみやげとして買ってきてくれました。

私が行きたい五条のポイント


初詣に五条の唐招提寺
奈良県奈良市五条町13-46にある鑑真がすごした寺です。

 


奈良は山の中で海に面していないので、柿の葉は自然の防腐作用があり酢飯と、酢につけた魚は長期保存のためのアイデアですね。
だから米は滋賀県産の近江米だし、日本近海で11〜12月に穫れた身が厚く脂の乗った寒鯖を保存したものと公式ページに書いてありました。

奈良は大阪のすぐ隣なので身近なんですが、山を挟んで大阪とは一風変わった風景が楽しめます。
大阪は平地で市内はビルばっかりだし、市外は工場か家が同じ高さにたっていて、
風景と言えば電信柱と電線が無数におりなす狭い空です。

奈良は山に家が建ってたり、市内も建物が少ない(人が少ない)ので空が広いです。
山に立つ家は、山の上から見れば景色は綺麗だし、下から見れば山〜って感じがします。
風景に起伏があるのです。

そんななかでのお土産の柿の葉寿司を食べると、上り下りの多い道と広い空が頭に浮かんできます。
食べたことが無い方はぜひ食べてみましょうね。


奈良県お取り寄せピックアップ

奈良といえば柿の葉寿司がお薦めです。「柿の葉すし」はもともと、海のない奈良県で生まれた伝統的なお寿司です。海から奈良県は遠いため、漬けた鮭などを、柿の葉で包み、保存期間を長く保つ知恵が詰まっています。生のお寿司に比べ保存がききますのでお取り寄せに最適な奈良みやげです。

大阪の隣の五条にあるテクノパーク・ならに父の会社があった

昔父は大阪から1時間半以上かけてこのテクノパーク奈良にある工場に通勤していたのですね。いまでも32社もの企業が入る大きな工業団地です。柿の葉すしのたなかもここに工場をおきます。
第三次全国総合開発計画に基づく「南和モデル定住圏計画」の中核事業として南和地域の中核都市である五條市に緑豊かな工業団地を開発し、地元雇用機会の創出、県工業のレベルアップ及び地場産業の振興を図り、若者が定住できる魅力ある産業ゾーンを形成することにより、南和地域の活性化と県土の均衡ある発展を期するものである。

 

inserted by FC2 system